タイトル未定(仮)

ex.絶対倶楽部/DeadRage(準備中) ベース。飽き性なので気が向いた時に書きまーす。ブログタイトルは思いついたら変更しまーす。

つよいとかよわいとかいうこと

大切なものが増えると人は弱くなるなぁと思う。


見た目とか名声とか立場とかバンドとか学歴とかなんでもいいんだけど、それを守ろうとすると何かを犠牲にしなきゃいけなくなるというか、何かを捨てなきゃいけないというか、

例えば本当に言いたいことが言えなくなったり、他のことにお金や時間を使えなくなったりするわけで。

それが増えるとそりゃあもうがんじがらめである。

あっちこっち気遣ってさ、自分のほんとに好きなこととかやりたいこととか言いたいこととか表に出せなくなって、いつか全部よくわかんなくなってさー。こわいこわい。


かといって、守るものがない=強い、ではないのだよなぁ。

つよいってなんなんだろなぁってずーっと考えてきてるけど未だによくわかんない。

とりあえず暫定的に思ってるのは、

自分にとって大事なものを守りながら、それでも自分らしさを忘れないこと、

それがつよいってことなのかな、と今のところは思っている。



バンドをひとつ脱退してから2週間、知り合いの子のバンドを見にいった。

JACKASSっていって、私は忙しかったのもあってそんなに熱心なファンでもなく、数回しか見にいけてなかったんだけど、ちゃんと覚えてくれてて喋るとほんとにいい人たちで(実際は1〜2個下なんだけど笑)、4ピースなのにめちゃくちゃ華やかな音圧で賑やかでパワフルなライブをするバンドで、音楽をやる身としても、一ファンとしてもとっても尊敬してて好きなバンドなんだけど、まあそこはちょっと置いといて。

ベースの子がその日脱退だったので、久しぶりに見にいったのね。


最後まで笑顔で賑やかで楽しそうに弾ききって、私の脱退のときの状況とはそりゃあ違うかもしれないけれど、彼らもその周りの人たちもたくさん考えて葛藤してその末にこの瞬間を迎えたのかなって思ったら無事涙腺崩壊、自分の脱退の時はなかった涙が止まらなくなりました(比喩表現)

女って感情が自分でもよくわからんままとりあえず泣くって言うけどそのとーり、ほんとなんで泣いたんだろね。


バンドじゃなくても、なんでもそうだよね。

全部大事なものなのに優先順位をつけるって難しいしつらいけど、やっぱりそれを全部抱えたまま何にもわからなくなっちゃってぐちゃぐちゃになるよりはマシ、というかそうしないと生き抜けない時もきっとあるんだな。つらいんだけどね。

それは世間のジャッジとは関係なくって、自分の中での勝負だし人が云々言う問題じゃないし、真偽はもしかしたら本人にもわからんかもしれないけれど。後悔したって自己責任だし。

でも、そこで自分の中の優先順位なんかを自分で見極めてジャッジできるってのはひとつ、つよいってことなんじゃないかなぁ。


当たり前に見えて難しいことですよね。



なんてもうすぐ22の私は若気の至りで考えてますけれども。

10年後とかにこれ読んだら、「ケッそんなごちゃごちゃしたもん存在しねぇんだよっただ生きるだけだよっ!」とか思うかもしれないんですけれども。

そこまで成長できたらなぁ!今後に期待。


ちゃんちゃん。