タイトル未定(仮)

絶対倶楽部/DeadRage(準備中) ベース。飽き性なので気が向いた時に書きまーす。ブログタイトルは思いついたら変更しまーす。

カラオケが嫌いな話。

まったく、カラオケボックスってなにが楽しいのかわからない。

 

まず、私はめちゃくちゃ歌が下手である。正しい音が出せない。そのくせ耳だけは肥えていて、絶対音感があるもんだから、自分が歌っているのを聴きながら、あー音が違う〜…などとイライラヤキモキするわけである。

フルートを昔やっていたおかげで腹式呼吸は出来るはずだし、正しい音もわかるってことはあとは技術の問題で、思った音がきちんと出せるように練習すればいいだけの話なんだけど、練習してまでうまくなりたいほど楽しくもないし、そんな必要性もない。

そんなわけで自分が歌うのは大嫌いである。

ゆえに、ほかの人は歌っていて楽しいのかなぁ…?と、そこも理解できない。

 

次に、全く知らない歌を聞いてなきゃいけない意味もわからない。

そりゃあたまには自ら聞かないジャンルの音楽に触れる機会にはなるが、べつにカラオケ代を払ってまで聞くほどでもない。それも素人だ。なまじ耳が肥えているので、不快なものにカラオケ代を払うのかぁ…と萎える。でもカラオケうまい人もいるじゃないか、と思われるかもしれないが、もちろんそれはそれで見ていて楽しいは楽しい。ただどんなにうまくても、エグザイルや西野カナを歌われちゃたまらない。万札置いて速攻帰る(盛った)。つまり、私もカラオケ代出してもいいって思えるほどうまい人もしくは好きな人が、Xやガンズやミスチル、きのこ帝国やセリーヌディオンやサンホラなどを歌ってくれるのであればそりゃあ私だって何時間でもいる。

しかし現実にはそうもいかない。

流行りの薄っぺらい歌やいわゆるモテ曲?(ありきたりな言葉を並べたぜんぜん響かない物)、最悪聞いたこともないような演歌などを延々聞かされ、曲が終われば拍手をし前曲と被らないような感想を述べなければならず、トイレやドリンクバーに立つタイミングも計りに計り、いやだと言うのにお前も歌え歌えと強要されたり(歌っても断っても微妙な空気になるし)、挙げ句の果てにはワリカンで私までカラオケ代を払わせられる。まったく、時給もらいたいくらいだと言うのに。

 

そんなわけで、プライベートではカラオケに行かないようにしている。行くとしても、気遣い無用でお互いのクオリティに口出ししないでいいとか、趣味ががっちり合うとか、とにかく心を許した人間でないと本来は行きたくないわけである。もしくは全額出してくれるか、ね。そうじゃないカラオケの誘いはことごとく断る。それで関係が悪くなるような奴はきっと仲良くなれないからもう良い。たぶんそういう奴は自分が歌ってる番でトイレに行ったらあとからネチネチ言い、歌いたくない奴に一曲強制するような人間なのである(独断と偏見)。

 

んな事言ったってたまには断れない「お付き合いカラオケ」もあるでしょう!特に来年から社会人なら!と思われた方もいるだろう。

甘いな!!

カラオケ嫌いの私はこれまでに断れなかったカラオケ回で積み上げたノウハウがあるのだ!!

行くと決定してからの言い訳等振る舞い方、ボックス内での座り位置、盛り上げ係/雑用係と周りに認識させるための盛り上げ方/行動、席の立ち方(場のノリ別)、一曲歌えと言われた時の断り方(場のノリ別)、断りきれなかった時の選曲(場のノリ別)、歌ったあとの空気の処理、などなど!

 

ただしこれは、こんな努力と苦労と気疲れに見合うだけの見返り(もしくはリスク回避)がある時にしかやりたくないので、大方は断ります。能天気にカラオケを楽しめる人になりたかったなぁ。トホホ。