タイトル未定(仮)

ex.絶対倶楽部/DeadRage(準備中) ベース。飽き性なので気が向いた時に書きまーす。ブログタイトルは思いついたら変更しまーす。

未練と似て非なるような、なんだかよくわからない感情。

1年ちょっと続けたバンドを辞めることになった。

来年から社会人になるし、卒論も書かなきゃいけないし、人生の夏休みラスト数ヶ月、勉強し残したことや行きたい旅行先、まだまだ飲みたい人、やりたいコピバン、いろんなことが重なりすぎてどうしていいかわからなくなった結果だ。

絶対倶楽部は私にとって初めての「趣味じゃないバンド」で、初めてフライヤーを刷って、初めて自ら集客や営業を学んで、初めてグッズを作って、初めて身内じゃないお客さんが見に来てくれて、初めて遠征の対バンさんと会って、初めて主催イベントをして、初めてインストアイベントを開催して、本当に初めて尽くしの面白い1年間だった。

 

辞めたいです、と初めて言った時、メンバーは一旦シーンとしてからめっちゃくちゃ引き止めてくれた。素直に嬉しかった。だけど辞めようという決意はどんなに言われても揺らがなかった。

それが、皆に向けて脱退発表をすることになった瞬間突然、なんだか寂しいようなもう少しいたいような感傷的な気持ちになる。自分の判断は正しかったんだろうかと、とてつもなく不安になることもある。

でもこの感情が一時のまやかしであることを私は知っている。

冷静じゃない土壇場のときの一瞬の気持ちはだいたい錯覚で、この「未練」と勘違いしやすい謎の感情に一度囚われるとなかなか抜け出せなくなるものだ。

現実から目を背け、本当はもう終わりの来ている恋人と、もしかしたらやり直せるんじゃないか、まだ大丈夫なんじゃないか、と思ってしまい別れられずに泥沼になるのと一緒だ。

これは、筋肉少女帯の「サンフランシスコ」であって、BonJoviの「Livin' on a prayer」ではないのだ。

 

未練というのは、終わったことに対して名残惜しく思う気持ち、であると私は思う。

だからこの、終わることになった瞬間突然後ろ髪引かれるような騙されちゃいけない錯覚、は未練とは似て非なるものだ。

なんと名前をつけたらいいんだろう。

でも個人的にはこの錯覚に囚われた時の空虚な気持ち、なんとも言えず好き。笑